Uncategorized

血液サラサラ食べ物の代表!玉ねぎ

血液サラサラ食べ物の代表格ともいえるのが玉ねぎです。

毎日の食事の中にも手軽に取り入れることができる食材ですが
玉ねぎの血液サラサラ効果は、含有しているケルセチンによるものだといわれています。
■玉ねぎの血液サラサラ効果とは

血液サラサラ食べ物のひとつである玉ねぎですが、
一体どんな成分が血液をサラサラにしてくれるのでしょうか。

①硫化アリル

玉ねぎを料理の食材として利用する方は多いと思いますが、
玉ねぎを切ったり刻んだりする時に、涙が出て困った…
という経験はありませんか?

この玉ねぎが目に染みる原因が、含有されている硫化アリルなんです。

硫化アリルは、コレステロールの代謝を促進したり、血液が固まってしまう(凝固)ことを予防してくれます。

料理の際にはとても面倒な成分ではありますが、血液サラサラ効果が期待できます。
②硫化プロピル

生玉ねぎだけが含有する成分で、硫化アリル同様、刺激を与える成分です。
③ケルセチン

わたしたちの体の中で、脂肪の吸収を抑制したり、酸化を防ぐ働きをもった
ポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは高い抗酸化作用が特徴ですので、体の中の錆を予防する効果が期待できます。

このケルセチンは、玉ねぎの実である白い部分よりも、実は周りの茶色い
皮が多く含有しています。
■血液サラサラ食べ物の酢玉ねぎ

食卓にあがることが多い玉ねぎですが、みなさんは
どのような食べ方をしていらっしゃいますか?

玉ねぎは生のまま食べたり、火を通したりと調理方法もさまざまですが、
玉ねぎの血液サラサラ効果をより実感するための食べ方は生なんです。

生で玉ねぎを食べる場合、薄くスライスした後、辛みやニオイを取り除いたり、
シャキッとさせるために水にさらすという方が多いかと思います。

しかし、玉ねぎは水にさらしてしまうと、血液サラサラ成分である
硫化アリルが流れ出てしまうんです。

そこでお勧めしたいのが、血液サラサラ食べ物・酢玉ねぎなんです。

・血液サラサラ食べ物酢玉ねぎの作り方

①玉ねぎを好みの形、厚さに切る

②常温で約30分放置する

③はちみつと酢を混ぜ合わせたものを火にかける

④③の中に②の玉ねぎを入れ、数分加熱する

⑤粗熱がとれたら、瓶などに入れて保存する

作り方はとても簡単ですし、玉ねぎの血液サラサラ効果を実感するためには、
毎日摂取することが大切ですから、酢玉ねぎがあれば、食事として
手軽に摂取することが可能ですね。

玉ねぎはどんな料理にも食材として使うことができますが、
ネットクリーニング ランキングがあれば、料理のバリエーションも増やすことができますね。

加熱した玉葱の効果にはどんなものが期待できるのか?

玉ねぎは生で食べた方が良いという話は聞きますが、

加熱すると効果はどうなるのでしょうか?
加熱して損なわれる成分や栄養素の変化、期待できる
効果について調べてまとめてみました。

■加熱しても効果がある玉ねぎの栄養は?

玉ねぎは抗酸化作用に優れるポリフェノールの一種である
「ケルセチン」という栄養素が含まれています。

アンチエイジングや健康に気をつかっている方ならご存知かと
思いますが、抗酸化作用とは体の老化スピードを遅くする効果があり
若さを保ちたい方に嬉しい成分、効果として知られています。

悪玉コレステロールを減らし血液を健康にする効果もあり、
コレステロール値が健康診断で悪いと指摘された方が毎日
玉ねぎを食べることで、コレステロール値を改善する効果を
期待できるでしょう。

血液をサラサラにしスムーズな流れにするので、運動不足、水分を
あまり摂らなくて血液がドロドロになりがちな方には
特に玉ねぎは食べて欲しいと思います。

嬉しいことに玉ねぎを生のまま食べても加熱しても栄養素が
損なわれないので、好きな調理法で得られるのがポイント。

玉ねぎは加熱すると甘くなるので、生は食べられなくても加熱すれば
好きという方は多いですよね。
無理なく、美味しく食べられる方法をとれるのが嬉しいですね。

もう一つ、玉ねぎの代表的な成分をご紹介します。

「硫化アリル」という玉ねぎの成分には血液サラサラ効果、高血圧
改善の効果があり、血管や血液の病気リスクを下げることが
できるので、血液ドロドロの方や高血圧の方におすすめの成分です。

最近では血糖値を下げる働きも玉ねぎから発見されているので、
血糖値が心配な方、糖尿病対策をしたい方にもぴったり。

血糖値を下げる効果があるので、メニューの中に玉ねぎを
必ず入れるようにすれば食後の血糖値の上昇が緩やかになります。

硫化アリルも加熱しても効果は変わらないので、生のまま食べても
加熱して食べてもOK。好きな食べ方で毎日食べて構いません。

玉ねぎは和食、洋食、中華、どんな料理とも相性の良い食材で
取り入れやすいですよね。
料理が苦手な方も、スライス玉ねぎのサラダなら作れるでしょう。
小鉢でちょっと取り入れるだけで、健康的なメニューになりますよ。

ただ、注意したいのは玉ねぎだけを食べて他の野菜や食材を
あまり食べなくなること。
いくら体にいい食べ物でも玉ねぎだけを食べていては栄養バランスが
崩れてしまいます。

色々な食材を食べ、バランスの良い食事を意識しましょう。

■加熱すると玉ねぎの一部の成分は減ってしまう

玉ねぎに含まれるケルセチン、硫化アリル、ポリフェノール、
ミネラル、ビタミンの中で加熱すると減少してしまう栄養素はビタミンです。
その他の成分は熱を加えてもほとんど減少しないので、気にしなくても
良いでしょう。

加熱するとビタミンの効果は玉ねぎからは得られなくなりますが、
そもそもビタミンの含有量が少ないので玉ねぎはビタミンではなく
他の栄養素を摂取するための食べ物として取り入れましょう。

ビタミンが無くなるのは問題。それなら生で食べた方が良いに決まってる。
と思う方もいるかもしれませんが、玉ねぎに含まれるビタミンは他の
野菜に比べると少ないので、ビタミンを目的に食べる野菜としては不向きです。

ビタミンを補うなら他の野菜を食べた方がたくさん得られるので、
玉ねぎのビタミンには期待せず、他の食材から摂取するように
考えるのをおすすめします。