血液サラサラ食べ物の代表格ともいえるのが玉ねぎです。

毎日の食事の中にも手軽に取り入れることができる食材ですが
玉ねぎの血液サラサラ効果は、含有しているケルセチンによるものだといわれています。
■玉ねぎの血液サラサラ効果とは

血液サラサラ食べ物のひとつである玉ねぎですが、
一体どんな成分が血液をサラサラにしてくれるのでしょうか。

①硫化アリル

玉ねぎを料理の食材として利用する方は多いと思いますが、
玉ねぎを切ったり刻んだりする時に、涙が出て困った…
という経験はありませんか?

この玉ねぎが目に染みる原因が、含有されている硫化アリルなんです。

硫化アリルは、コレステロールの代謝を促進したり、血液が固まってしまう(凝固)ことを予防してくれます。

料理の際にはとても面倒な成分ではありますが、血液サラサラ効果が期待できます。
②硫化プロピル

生玉ねぎだけが含有する成分で、硫化アリル同様、刺激を与える成分です。
③ケルセチン

わたしたちの体の中で、脂肪の吸収を抑制したり、酸化を防ぐ働きをもった
ポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは高い抗酸化作用が特徴ですので、体の中の錆を予防する効果が期待できます。

このケルセチンは、玉ねぎの実である白い部分よりも、実は周りの茶色い
皮が多く含有しています。
■血液サラサラ食べ物の酢玉ねぎ

食卓にあがることが多い玉ねぎですが、みなさんは
どのような食べ方をしていらっしゃいますか?

玉ねぎは生のまま食べたり、火を通したりと調理方法もさまざまですが、
玉ねぎの血液サラサラ効果をより実感するための食べ方は生なんです。

生で玉ねぎを食べる場合、薄くスライスした後、辛みやニオイを取り除いたり、
シャキッとさせるために水にさらすという方が多いかと思います。

しかし、玉ねぎは水にさらしてしまうと、血液サラサラ成分である
硫化アリルが流れ出てしまうんです。

そこでお勧めしたいのが、血液サラサラ食べ物・酢玉ねぎなんです。

・血液サラサラ食べ物酢玉ねぎの作り方

①玉ねぎを好みの形、厚さに切る

②常温で約30分放置する

③はちみつと酢を混ぜ合わせたものを火にかける

④③の中に②の玉ねぎを入れ、数分加熱する

⑤粗熱がとれたら、瓶などに入れて保存する

作り方はとても簡単ですし、玉ねぎの血液サラサラ効果を実感するためには、
毎日摂取することが大切ですから、酢玉ねぎがあれば、食事として
手軽に摂取することが可能ですね。

玉ねぎはどんな料理にも食材として使うことができますが、
ネットクリーニング ランキングがあれば、料理のバリエーションも増やすことができますね。